農林水産省の郷土料理百選にめはり寿司が選ばれました   紀州路のお土産にもご好評頂いております   

南紀名物 さんま寿司

この商品は熊野本宮本店のみの取り扱いとなります
マウスポインターを当てると お土産用の画像に切り替わります

サンマは海水温が上昇し始めると 南の海から北の海に移動し始め、
水温が下がる頃に南下を始めます
北の海でよく太り脂がのったサンマも 南下とともに脂肪分が抜けて痩せてきます
終秋から冬にかけ熊野灘 特に紀東で『戻りさんま』と呼ばれる脂肪分の抜けたサンマが捕獲されます
この『戻りサンマ』が、紀東名物の 『サンマの丸干し』 南紀名物の 『さんま寿司』 『さんまのなれ寿司』 
に無くてはならない素材なのです

油が抜けた分しつこくなく サンマ本来の味が解る感じで
秋の食卓に上る脂ののったサンマがマグロのトロとすれば
『戻りサンマ』はマグロの赤身って感じでしょうか

サンマを背開きにし 粗塩で締め 背骨と小骨を取り除き 甘酢で締め 
1匹のサンマで寿司飯をくるむように巻きます

写真でもおわかりですが、尻尾やヒレが付いたままの姿寿司となります
お店によっては頭部も付いたままになっています


食べる直前に一口大に切り分け 盛りつけて完成です

何も漬けずそのまま召し上がって頂くのが本来の食べ方ですが
お好みで 醤油 おろし生姜 ワサビ 柚子 大葉 ポン酢 等で召し上がってもよろしいかと思います

酸化しやすい脂肪分が少ない 寒い時期に調理される 酢で締める これらの理由で比較的保存が利き、
昔からこの地方ではお正月のお寿司としても重宝されました 
本宮町では大晦日に作ったさんま寿司を 5〜7日頃に炭火で焼いて食べる風習もあります

当店では、旬の時期に大量に仕入れたサンマを 下ごしらえ後にマイナス30度以上で冷凍保存し 
シーズンオフでもお客様にお出ししていますが、温暖化の影響で年々漁獲高が減って来ております

発送も承ります

「訪問販売法等に関する法律」法第8条に基ずく表示

金額は、仕入れ値によって変わりますが 600円前後です
ご注文はお電話(0735−43−0987)のみとなります
時期によりクール便でのお届けとなります (詳しくはお電話で)

さんま なれ寿司

この商品は熊野本宮本店のみの取り扱いとなります

戻りサンマを使ったもう一つのお寿司が、『なれ寿司』という発酵させた保存食のお寿司です
背開きにしたサンマを多めの塩で締め水分を抜き 堅めの白粥位に炊いたごはんの上にサンマをのせ 木樽の中に何層も重ねて積み上げ 漬け物のように石の重しをし 最後に薄い塩水を流し込みます
寒いところに置いて 1ヶ月以上熟成させて出来上がり 最近は冷蔵庫の中に木樽を入れて熟成させるところもあります

琵琶湖名物のふな寿司に少し似てますが、ふな寿司ほど強烈な臭いはしません
独特の風味で初めての方には おすすめではありせん

食べる時に一口大に切り分け お醤油を付けて食べます
当店では、お醤油に一味唐辛子を入れた物で召し上がって頂きます 

ご予約承ります

「訪問販売法等に関する法律」法第8条に基ずく表示

厳寒時に仕込みますが少数生産ですので すぐに売り切れてしまいます
ご注文はお受けしますが、秋頃迄にご予約頂かないと 仕込み分が全て予約済みとなる場合もありえますし
 また熟成課程でうまく発酵せず 商品とならない場合もございます
完成品ができあがるまで 代金の請求は致しませんが、
ご注文に添えない事があるのをご承知の上でのご予約として下さい

金額は、仕入れ値によって変わりますが 600円前後です
ご予約はお電話(0735−43−0987)のみとなります
時期によりクール便でのお届けとなります (詳しくはお電話で)

当店だけのオリジナル さんま箱寿司

この商品は熊野本宮本店のみの取り扱いとなります
マウスポインターを当てると お土産用の画像に切り替わります

濃厚なサンマの味をダイナミックに味わって頂く『サンマの箱寿司』です

北海道産のコッテリ脂がのった『トロサンマ』を食材とし 三枚おろしにし 塩で締めた後 甘酢につけ込み 皮 ヒレ 小骨までキレイに取りさり 押し寿司にしました
すし飯の中に忍ばせた大葉の香りがたまりません

1年を通じてご注文頂けます

発送も承ります

「訪問販売法等に関する法律」法第8条に基ずく表示

金額は、仕入れ値によって変わりますが 700円前後です
ご予約はお電話(0735−43−0987)のみとなります
時期によりクール便でのお届けとなります (詳しくはお電話で)